正しい脱毛で良い人生を

日本人はキメの細かい白い肌が好き

日本人はキメの細かい白い肌が好きファッションは毎年つくられます。流行は毎年変化しますから、健康な小麦色の肌がもてはやされたこともありました。しかし、最近また、色白美顔を指向てる方が増えてきたように思いまり。 日本ては昔から美人の条件として、次のようなことがいかれてきました。「色山は七難かくす」とか「玉のような肌」「緑の黒髪」などといいう言葉がそうてす。だれがいったのかわかりませんが、髪はたっぷりと長く、体毛は薄いほうがいい、そんなこともいかれてきました。 たしかに、つるりとつややかな肌は、男体も女性もあこがれる肌てしょう。日本人は平安時代の昔から、顔のうぶ毛をそったり、ムダ毛の于入れに余念がなかったようてす。 一方、世界を見渡してみると、欧米の女性は、顔のうぶ毛には無頓着なようてす。鼻の下にひげのように延びたうぶ毛をたくわえている女性もいますし、太陽の下てワキ毛も堂々と風になびかせた女性も見かけます。 男性の立派な胸毛も、欧米てはセックスアピールの一つです。映画に登場するセクシーな男優たちも、もじゃもじゃとした体毛や胸毛を誇らしげに見せていす。 肉食を中心とする欧米の人たちは体臭も濃いのですが、日本人ほど気にしていません。異性を呼び寄せるフェロモンと思っているふしがあります。 しかし、日本では、最近の清潔指向の中で、体臭も薄く、体毛も薄いほうが好まれる傾向はますます強くなってきました。もともと日本人は体臭も薄く、体毛も薄い人のほうが多いのですが、それだけに、体毛の濃い方の悩みは、より深刻になったともいえるでしょう。 

ムダ毛処理は身だしなみのエチケット

美意識は、時代と共に大きく変化します。 しかし、ムダ毛の処理は最近始まったものではありませ人。平安時代の昔から高貴な人性たちは眉毛を抜いたり、顔のうぶ毛をそったり、人ダ毛の処理をしてきました。彼女彼人が、胸毛をきらいなんです」と、飛び込人でくる若い男性もいます。今や男性にも女性にも、ツルツル、スベスベの肌がもてはやされています。 ワキ1 の処理は明治時代には行われていなかったようですが、昭和20年代、ノースリーブの洋服が流行りはじめてから、盛人に行われるようになりました。健康志向で肌のぶ出する機会の多い現代では、ワキ毛の処理は常識です。 また、ハイレグの水着からはみ出したビキュラインのムダ毛はどう見ても美しくありません。スポーツ好きの人性たちに脱毛1 望者が多いというのも、肌を露出する機会が多いからでしょう、 人目を気にせず閥歩する現代人性に、人ダ毛の処理は欠かせない身だしなみです。
最先端の医療脱毛で脱毛の常識が変わる!TOP
増えるムダ毛処理のトラブルへ

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ