正しい脱毛で良い人生を

市販の電気脱毛器には幾つかの種類があります

日本人はキメの細かい白い肌が好き市販の電気脱毛器には幾つかの種類がありますが、金属のディスクが高速で回転しながら毛をはさんで、引き抜くディスク式が主流です。他には、コイル状の金属が伸縮しながら毛を引き抜くコイル式、ピンセットではさみ、高周波を流すと毛根が破壊されて毛が抜けるものなどがあります、 一度にたくさんの毛を抜くことができますが、その分、痛さも相当なものです。また、後で述べるエステサロンと同じとうたって通信販売しているものもありますが、家庭で、専門家でない素人が扱うのですから、電気が毛根に屈かない場合も多く、単なる毛抜きと同じ働きをしている場合もあります 電気の刺激が強すぎたり、未熟な技術で処理しつづけたりすると、炎症や色素沈着などのトラブルを引き起こすこともあります。

除毛剤で脱毛する

体毛の成分であるタンパク質を溶かして、脱毛するのが除毛剤です。方法は、除毛割を皮膚に塗り、しばらく放置してからふきとるか、水かお湯に流すだけ。痛くなく、自然なきれいな感じに仕上がるのがメリットです、比較的、毛の濃い人に向いた脱毛法です、 ただし、除毛剤には独特の臭いがあります。これに耐えられないという人も少なくありません。 デメリットは、毛根が残っているため。除毛効果があまりもたないことです。 注意していただきたいのは、表示してある時間を守ること、処理後は丁寧に拭き収って流しておくことです、いちばんの問題は、除毛剤はタンパク質を溶かす一種の化学薬品であるということです。タンパク質でできている体毛を変化させるのすから、皮膚に影響があるのは当然でしょう。仕様するときには、事前にパッチテストをしてからにしてください。

自己処理で起きやすい皮膚のトラブル

それぞれの処理法のところで述べましたが、技術と知識のない素人が、長い問にわたって自己処理を続けていると、肌にかなりの負担を与えて続けていることになり、皮膚のトラブルも起きやすくなります。毛根が刺激されて、かえって毛が多く生えてさたり、皮膚の角質が刺激されて、ごりごりしたりします。
エステでの電気針式脱毛について

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ