正しい脱毛で良い人生を

エステテサロンではワックスで脱毛したり、さまざまな脱毛法が行われています

日本人はキメの細かい白い肌が好き毛というと。エステサロン”というイメージを思い浮かべる方も多いでしようエステテサロンではワックスで脱毛したり、さまざまな脱毛法が行われていますが現在では電気針式脱毛が主流です。エステでの電気針式脱毛は、針を毛根に拓人して荷電し、毛乳頭を破壊して、一本一本引き抜いていく方法です。細いニードル(針状の金属線)を、毛穴から毛乳頭に到注するまで挿入し、微弱な直流電流と高周波を流します。電流の働きによって発生するアルカリ液と、高周波熱によって、毛乳頭を破壊し、水久脱毛します。メリットはまず、痛みです、毛穴に針を差し込んで毛根を焼いてしまうので、電するたびにかなりの痛みを感します。 また、一本一本、毛根を針で刺して焼いていくので時間もかかり再び叫び脱毛する必要があります。 もう一つは間違った場所に針を刺した、針が毛根に届かなかったなどの、施術者の枝術不足によるものです。また、通電したものの、毛根を破壊しきれなかった場合も考えられます。 電気針式脱毛は、毛穴に正確に針を刺して、毛恨を破壊しなければなりません、体毛の長さは一つ一つ違います。その一本一本の細い毛穴に針を刺していくわけですから、差し込む針の太さなど、熟練した技術が必要なことがおわかりでしょう。施術者のテクニックによって、脱毛の効果が人きく左右されるのも、電気針式脱毛のデメリットといえましょう。

医師による電気針式脱毛

医療機関でも脱毛が行われていることは、案外知られていません。美容外科をはじめ、普通の皮膚科、形成外科、整形外科でも脱毛を行うところが増えてきました。  エステサロンと同じ電気針式脱毛ですが、医療用の機種なので高出力で、エス テより早く処理ができます。  針は、電気を通す先端以外は絶縁された絶縁針を使います。絶縁針は、皮膚に 当たる根元の部分が絶縁体でコ上アイングしてありますので、皮府にダメージを 与えることなく脱毛できます。  また、高出力で通電するので、通電時問は1〜1/4秒、痛みを感じる時問も かなり短縮されます。しかし、痛みを感じないわけにはいきません。治療前に冷 やしたり、治療後に消炎クリームなどを塗って、痛みを緩和します。エステでの脱毛と同じように、一本一本針で刺して、毛根を焼いていくわけで すから、時問はかかります。これはデメリットです。―回の脱毛ですべての毛を 処理することは時間的に不可能ですから、長期問、通う必要があります。何といっても安心なのは、医師による治療であること。衛生面、安全面で安心です。万が一何かのトラブルが起きても迅速に対応できます。麻酔を扱えるため、痛みに敏感な人は局部麻酔で痛みを感じなくさせることもできます。また、敏感肌、アトピー性皮膚炎の方にも適切な処置をしてくれるはずです。 時間がかかりすぎる電気針式脱毛 医療機関で電気針式脱毛を受けても、やはり時間がかかるのはエステサロンでの脱毛と同じです。これは一本一本の毛穴に針を刺していくのですから、仕方かおりません。 もう一つ不便なことは、生えている毛を目印にして毛穴に針を刺すために、事前にある程度、毛を伸ばしておく必要かおるということです。ムダ毛を収り除きたいから脱毛するのに、その前にわざわざムダ毛を仲ばしておくなんて、ちょっと変な気がします。特に、脱毛したい部位が人目にさらされる場所であった場合には、苦痛に感じることもあるでしょう。

コンテンツおすすめPickUpサイト



SIDE MENU・コンテンツ

サポート

500万本の体毛が体を保護して太陽光を吸収する レーザー脱毛の話に入る前に、私たちの体に生えている毛、「体毛」についてお話ししましょう。私たちの体にはどのくらいの体毛があるか、ご存じですか。頭髪をはじめとして、体と500万本もの体毛で体は撹われています。詳しくはこちらへ